• ホーム
  • 実績ある有効成分アシクロビルを含むゾビラックスで打倒ヘルペス

実績ある有効成分アシクロビルを含むゾビラックスで打倒ヘルペス

2019年10月03日
悩んでいる男性

現在ではバルトレックスがヘルペスウイルスによる治療の第一選択薬の位置づけです。しかし先に抗ウイルス薬として臨床現場で投与されてきたゾビラックスも、現在でもヘルペス治療に積極的に投与されています。

ゾビラックスは有効成分にアシクロビルを配合しており、ウイルスの増殖を抑制する作用を発揮する薬で世界で初めて実用化に成功した抗ウイルス薬になります。バルトレックスを第二世代渡渉されるのに対して初登場の抗ウイルス薬ということもあって、第一世代の薬と位置づけられているようです。

有効成分アシクロビルにはウイルスの、DNAの複製を阻害する作用を持っています。ウイルスは独立して増殖する機能が備わっていないので、宿主の細胞に寄生してDNAを複製し増殖を繰り返すことで、生存を図っています。アシクロビルにはウイルスの増殖に不可欠なDNAの複製を組成する効果をもっているので、増殖を抑制しヘルペスによる水泡やいたみや痒みなどの症状の緩和や沈静化に効果を発揮します。

ただしゾビラックスの有効成分アシクロビルは消化吸収するのが難しく、血中濃度も長時間維持するのは難しい特性を持っているので服用方法には注意を払う必要があります。ゾビラックスを内服薬として投与する場合の服用方法は、1日5回に分けて服用することが基本です。この点は他のヘルペス治療薬に比較すると、若干手間ですが豊富な治療実績があり信頼性も高いことから、現在でもゾビラックスは有力なヘルペス治療薬であることに変わりはありません。

またアシクロビルの特徴のひとつに治療薬のバリエーションが豊富なことを指摘することが出来ます。ゾビラックスは顆粒や錠剤などの内服薬はもちろん、クリームや軟膏・眼軟膏のバリエーションは販売されています。口唇ヘルペスはたまに結膜炎の原因になりますが、眼軟膏タイプを選択することでより効率的に症状を緩和することが出来ます。医療現場では全身症状を併発する重症化したヘルペスでは注射タイプのゾビラックスが投与されることもあるほどで、現在でも効果的なヘルペス治療のためには重要な治療薬と認識されているわけです。

ところでゾビラックスは安全性が高い薬ですが、副作用のリスクがあるのは確かです。比較的頻繁に遭遇する副作用は頭痛やめまいあるいは腹痛や下痢などが代表的とされています。肝疾患を抱えていたり腎機能が低下していたりすると、稀に肝機能や腎機能障害が見られることもあります。

関連記事
バルトレックスは通販でも購入可能?

ヘルペスの特徴のひとつに再発しやすい傾向をもっている点を指摘することができます。全身の栄養状態が良好で免疫機能も正常に保たれていれば、ヘルペスウイルスは腰周辺の神経細胞で休眠状態のまま息を潜めています。ところが疲労が蓄積したり、がんや糖尿病などの全身の免疫機能が低下する慢性病に罹患すると、活性を盛り...

2019年09月28日
カンジダの再発予防に効果的なエンペシドクリーム

男性でも罹患するリスクはありますが、女性の性器に多い感染症にカンジダ症を上げることができます。カンジダとはカビの一種で、白癬菌のファミリーに分類されるものです。湿度と温かい宿主があれば生存できるので、人体の皮膚をはじめ、口腔粘膜や消化管などにも分布していることから、常在菌の一種と考えられています。女...

2019年11月04日
クラミジアに効果のある医薬品の成分と副作用

現在日本においてもっとも男性女性をとわず感染者数が多いのが、クラミジアになります。クラミジア・トラコマティスという細菌が原因となって引き起こされる性感染症のひとつで、性生活が活発な10-20代の若者に患者数が集中してるとされています。特に20代の女性にかぎっては感染者数が多く、妊娠してからの経過観察...

2019年10月07日
症状が消えてもバルトレックスの服用をやめないで、耐性菌が出来る可能性

単純ヘルペスウイルス感染を原因とする口唇部分や性器などの、痛みやかゆみをともなう水泡症状などにはバルトレックスが高い治療効果を発揮します。病院で処方箋をだしてもらって入手するにしても、個人輸入代行サイトを利用して入手するにしても、服用期間を守ることが大切です。バルトレックスの治療効果は高く、臨床試験...

2019年10月01日